復縁7step

小澤康二の
【復縁7stepマニュアル】
小澤康二の
【復縁7stepマニュアル】


《復縁男性版》 公式HPにて
復縁可能性チェックテストも開催中♪


《復縁女性版》 公式HPにて
復縁可能性チェックテストも開催中♪

 

復縁7stepで学べる冷却期間を置いたほうが良い別れとは?

 

復縁7stepでは、自分が恋人とどんな風に別れたかによって、どんな風に復縁をアプローチすれば成功率が高くなるのかを分析して指南してくれています。

 

別れた相手とやり直すためには一定の冷却期間があったほうが良いという考えは一般的ですが、復縁7stepマニュアルでは、どんな場合には確実に冷却期間が必要なのかも明記されています。

 

冷却期間が必要になるのは、別れる時に相手が自分に対して嫌悪感を持ってしまったという場合が挙げられます。

 

別れたくないとしつこくしたり、泣きわめいたりすがったりして、相手が自分のことを嫌いになった場合などには、復縁する前に相手の自分に対するマイナスの気持ちが収まるのを待った方が良いので、冷却期間が必要になります。

 

期間はケースバイケースですが、短ければ1か月、長くて半年ぐらいのようです。

 

冷却期間を置かないほうが良い別れとは?

 

冷却期間を置かないほうが良い別れというのは、別れる時に相手が自分に対して「嫌い」という感情を持たずに別れた場合が挙げられます。

 

例えば、忙しすぎてすれ違いが続いたために別れることにしたり、自分から別れを切り出して相手を泣かせてしまった場合などです。

 

遠距離の場合などにも冷却期間を置くことはマイナスになってしまうので気を付けましょう。

 

こうした場合には、できるだけ早くアプローチしたほうが復縁成功率は高いようです。

 

別れた原因によっては、冷却期間を置いてしまうことによって復縁の成功率がどんどん低くなってしまうというケースもあります。

 

復縁7stepマニュアルでは、そうしたケースではできるだけ早めのアプローチを勧めていますが、具体的なアプローチ法はマニュアルの中で紹介されています。

 

小澤康二氏が長年培った復縁に対するノウハウとテクニックが詰め込まれているの復縁マニュアルです。

 

 

TOPへ戻る

復縁7stepで学べる冷却期間を置いたほうが良い別れとは?関連ページ

復縁7stepマニュアルについて
復縁7stepマニュアルの内容やメリットなど小澤康二の復縁7stepマニュアルをわかりやすくご紹介します。
元恋人から警戒されている場合でも復縁できる?
復縁7stepマニュアルの内容やメリットなど小澤康二の復縁7stepマニュアルをわかりやすくご紹介します。
年齢によって復縁法が異なるのは本当?
復縁7stepマニュアルの内容やメリットなど小澤康二の復縁7stepマニュアルをわかりやすくご紹介します。